新着記事一覧はこちら >>

太らない市販のおやつ*コンビニやスーパーで買えるおすすめ6種類

ナッツが入ったシリアルの画像

ダイエット中に「お腹が空いて仕事や家事に集中できない」なんて事ありませんか?

空腹のイライラから、仕事や家事でのミスが多くなってしまっては、困りますよね。

とはいえ、ダイエット中の間食は何だか気が引ける……

そんな時には、

太らない(脂肪になりにくい)おやつを選んで、食べ方の工夫をすれば、ダイエット中でも罪悪感なしでおやつを楽しむことができます。

また、空腹にならないようにコントロールする事で、ストレスによる食べ過ぎ防止や、仕事や家事の効率アップなど、無理のないダイエットができそうです♪

それでは、ダイエットにおすすめ!【太らない市販のおやつ】と脂肪になりにくいおやつの食べ方をご紹介します。

※商品の情報は、記事作成時のものになります。

スポンサーリンク

脂肪になりにくいおやつの食べ方*時間帯はいつ? 食べる量(カロリー)はどのくらい?

時計の画像

それでは、脂肪になりにくいおやつの食べ方を見ていきましょう。

食べても脂肪になりにくい時間帯

おやつに限らず、食べた物が脂肪になりにくい時間帯は、活動量の多い日中(午前中から夕方4時頃まと言われています。

そのため、おやつの時間の10時と3時は理にかなっている時間帯と言えますね。

逆に脂肪になりやすい時間帯は、夜8時から深夜2時頃と言われているようです。

遅い夕食で8時を過ぎてしまった時は、なるべく糖質と脂質を控えた食事を心掛けましょう。

おやつの適正量(カロリー)

おやつの適正量は、1日200kcal以下が良いようです。

とはいえ、おやつの後に夕ご飯をお腹いっぱいに食べてしまうと、カロリーオーバーになってしまうこともあるので、夕ご飯の質と量に気を付けましょう

おやつのカロリーを気にせずに食べたい場合は、こちらの低カロリーお菓子がおすすめです。

おやつの選び方

コンビニやスーパーで市販のおやつを購入する時は、なるべく低カロリーで糖質・脂質が低いものを選びましょう。

また、脂肪の燃焼に役立つたんぱく質や、毎日の食生活に不足しがちな食物繊維などが入っているものを積極的に取り入れましょう。

また、乳酸菌入りのお菓子は、腸内環境を良くすることから、便秘解消効果も期待でき、ダイエット中の強い味方となります。

それでは、実際の商品を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ナッツ【ロカボナッツ】

画像をクリックすると販売サイトAmazonへ移動します。

ナッツがダイエット中のおやつに良い理由

ナッツは、食物繊維とミネラルが豊富に入っている事から、ダイエット中に1番おすすめなおやつです。

クルミはオメガ3脂肪酸、アーモンドはビタミンE、ヘーゼルナッツは鉄・カリウムなどとダイエットや生活習慣病予防などにも役立つ栄養素がたっぷり入っています。

中でも【ロカボナッツ】は、糖質制限ダイエットをしている方にもおすすめです。

カロリーは?

ロカボナッツ1袋あたりのカロリーは、211kcalと、200kcalを少し超えてしまいますが、栄養満点なので食べるメリットの方が多い商品といえます。

大袋のナッツ類を食べる場合は、1日25g(25粒)を目安として、食べ過ぎないように注意しましょう。

1日1袋で、おやつの食べ過ぎ防止対策! ダイエットや生活習慣病予防におすすめです。

スポンサーリンク

ヨーグルト【ガセリ菌SP株ヨーグルト】

画像をクリックすると販売サイトAmazonへ移動します。

ヨーグルトがダイエット中のおやつに良い理由

ヨーグルトには、たんぱく質やカルシウムが豊富に含まれいるうえ、少量でも腹持ちが良いため、ダイエットに最適なおやつといえます。

その中でも【ガセリ菌ヨーグルト】は、食べ方によっては内臓脂肪を減らす効果があると報告されているダイエットに最もおすすめなヨーグルトです。

カロリーは?

ガセリ菌ヨーグルトの1個あたりのカロリーは、35kcal、脂肪分0、砂糖不使用です。

内臓脂肪を減らすのを助ける【ガセリ菌SP株ヨーグルト】は、ダイエットに特化したヨーグルトです。

スポンサーリンク

高カカオチョコレート【チョコレート効果カカオ72%】

画像をクリックすると販売サイトAmazonへ移動します。

高カカオチョコレートがダイエット中のおやつに良い理由

高カカオチョコレートは、少量でも甘いものを食べたという満足感が得られ、腹持ちも良いので、ダイエット中のおやつとしておすすめです。

注意点として、ダイエット中にチョコレートを食べる場合は、カカオ70%以上の商品を選びましょう。

また、チョコレートに含まれているポリフェノールは、1度にたくさん摂取しても排出されてしまうため、毎日少しずつを心掛けましょう。

カロリーは?

カカオ72%配合、チョコレート効果の1日の摂取目安量は、3~5枚(84kcal~141kcal)程度がおすすめです。

チョコレート効果は、糖質の吸収がおだやかな低GI食品です。

スポンサーリンク

こんにゃくゼリー【ぷるんと蒟蒻ゼリー】

画像をクリックすると販売サイトAmazonへ移動します。

こんにゃくゼリーがダイエット中のおやつに良い理由

ダイエット中のおやつと言えば【こんにゃくゼリー】が有名ですよね。

こんにゃくゼリーの成分である水溶性食物繊維のグルコマンナンは、胃の中で膨らみ消化のスピードが緩やかなので、腹持ちが良く食べ過ぎを防止してくれます。

また、水溶性食物繊維は血糖値の上昇を抑え脂肪の蓄積を防ぐ効果もあるといわれているので、ダイエットにはいい事尽くめの商品です。

カロリーは?

ぷるんと蒟蒻ゼリー グレープのカロリーは、1個あたり13kcalです。

個包装のパウチタイプなので、持ち歩きにも便利です!

スポンサーリンク

大豆バー【ソイジョイ】

画像をクリックすると販売サイトAmazonへ移動します。

ソイジョイがダイエット中のおやつに良い理由

小麦粉は一切使用せず大豆の栄養素がまるごと摂取できる【ソイジョイ】は、糖質の吸収をおだやかにする低GI食品です。

また、大豆イソフラボン18mg配合。大豆・アーモンド・チョコレートとダイエットに良いとされている食材がトリプルで摂取できるのがうれしいですね。

腹持ちが良いことから、忙しい時の食事代わりにも最適です。

カロリーは?

ソイジョイ アーモンドチョコレートは、1本あたりカロリーは145kcal、糖質量は7.6gとなります。

1本で満足できる食べ応えの【ソイジョイ】は、女性にうれしい「大豆イソフラボン」入りです。

スポンサーリンク

ゆで卵

ゆで卵の画像

ゆで卵がダイエット中のおやつに良い理由

おやつではないですが、コンビニで手軽に買える【ゆで卵】には、たんぱく質・ビタミン・ミネラルなどが含まれており、タイエット中の間食には最適です。

栄養素が豊富な上、腹持ちが大変良く、忙しい時の朝食としてもおすすめです。

カロリーは?

ゆで卵の1個あたりのカロリーは、151kcalです。

スポンサーリンク

まとめ|太らない市販のおやつ

ダイエットのイメージ画像

ダイエット中の間食は、時間・量・質を考えて、脂肪になりにくい【太らないおやつ】を選ぶのが重要です。

空腹を我慢してストレスをためるよりは、決まりを守り適度な息抜きで、ダイエットを長続きさせましょう。

どの商品もコンビニやスーパーで手軽に買えるものばかりなので、ダイエット中のおやつとして、ぜひお試しください。

コメント