新着記事一覧はこちら >>

チョコレートダイエット*効果があるおすすめ種類や太らない食べ方・量・タイミングは?

ハイカカオ チョコレート

ダイエット中のおやつとして、チョコレートは甘くて太ると敬遠されがちですが、種類や食べ方によっては、ダイエットにうれしい効果があるのをご存じですか?

特にカカオの含有量が多いハイカカオチョコレートは、カカオ由来の食物繊維やカカオプロテインが含まれており便秘改善効果があると報告されています。

でも、実際にチョコレートダイエットをしてみようと思った場合、効果的な食べ方(どの種類をいつどのくらいの量、食べるの?)などの疑問点もありますよね。

チョコレートは、食べ方によっては逆効果になってしまう場合もあるので注意が必要です。

そこで今回は、ダイエットに効果的なチョコレートのおすすめの種類と太らない食べ方をご紹介します。

スポンサーリンク

チョコレートがダイエットに効果的な理由*ハイカカオ(高カカオ)の効果

ダイエット

カカオ70%以上のハイカカオ(高カカオ)のチョコレートには、カカオポリフェノールの他に食物繊維やたんぱく質・ビタミン・ミネラル類などの栄養素が豊富に含まれており、ダイエットにうれしい効果がたくさんありますが、その一部をご紹介します。

食物繊維・カカオプロテインの便秘改善効果

カカオに含まれている、食物繊維やカカオプロテインは、便のかさ増し効果や整腸作用による便秘改善効果が期待できます。

また、老廃物を排出することによって、基礎代謝が高まりダイエットにつながります。

カカオポリフェノールの血行促進効果

カカオポリフェノールには、血行を促進する効果があり、ダイエットに大敵な冷えやむくみの改善につながります。

また、ダイエット中のカロリー制限で、お肌がボロボロなんてことは避けたいですよね。

カカオポリフェノールには、肌トラブルの原因になる活性酸素の働きを抑え、美肌をもたらす美容効果も期待できます。

低GI食品で、食べ過ぎ防止・満足感が得られる効果

チョコレートは、実は血糖値が上がりにくい低GI食品です。

低GI食品は、食後の急激な血糖値の上昇と糖を脂肪に変える働きをするインスリンの過剰な分泌を抑えることができます。

また、緩やかに血糖値が上がることによって、少量でも満足感を感じ、食べ過ぎを防いてくれます。

ストレス緩和・リラックス効果

チョコレート

ダイエット中にストレスでドカ食いをしてしまった・・・なんて経験はありませんか?

カカオに含まれるカフェインの1種「テオブロミン」は、ストレスを緩和して気持ちをリラックスさせる効果があると言われています。

疲れた時やイライラした時にチョコレートを食べると、何だかホッとした気持ちになりますよね。ダイエットを長続きさせるには、ストレスと上手に付き合っていくことも重要です。

スポンサーリンク

チョコレートの食べ方【種類・食べる量・タイミングはいつ?】

チョコレート

種類は食物繊維やポリフェノールが多いハイカカオ

チョコレートの種類は、カカオ70%以上のハイカカオ(高カカオ)のものを選びましょう。

ハイカカオは、ダイエットに有効な食物繊維やポリフェノールが多いだけではなく、カカオの含有量が多いほど、砂糖の量も少ないというメリットもあります。

食べる量は、1日25g(5かけ程度)まで

チョコレートを食べる量は、以下の点から1日25g(5かけ程度)を目安にしましょう。

ある研究では、便秘を自覚する女性が1日25gのハイカカオチョコレートを2週間摂取したところ便通改善効果が確認されたそうです。
参考:みんなの健康チョコライフ

また、ハイカカオチョコレート25gのカロリーは約140kcal程度となります。ダイエット中の間食は、200kcal以内が望ましいことからも、1日25g程度を目安に食べるのが良いでしょう。

体に良いからと言って食べ過ぎては、逆効果になってしまうのでご注意ください。

食べるタイミングはいつ?

ダイエット 時計

チョコレートを食べるベストなタイミングは、食前と間食時がおすすめです。

  • 食事の前:チョコレートを食前に食べることによって、満腹感を感じ食べ過ぎを防いでくれます。また、食事による急激な血糖値の上昇を抑えてくれます。
  • 間食(15時):体温が最も高くなる時間帯なので、食べても脂肪を溜めにくい時間帯となります。同時にチョコレートのタンパク質が脂肪燃焼をサポートしてくれます。

注意点は、ダイエットに有効なカカオポリフェノールは、1度にたくさん摂取しても体内に留まらないため、毎日少しずつ摂取するのが重要です。

スポンサーリンク

ダイエットにおすすめな市販のハイカカオ(高カカオ)チョコレート

スーパーやコンビニで買える市販のハイカカオチョコレート、おすすめの5種類をご紹介します。

カカオの含有量や産地を選べる商品もあるので、食べ比べてみるのもいいですね。

ロッテ【乳酸菌ショコラ カカオ70】

ロッテ【乳酸菌ショコラ カカオ70】
オリゴ糖配合。乳酸菌が生きて腸まで届く、デザート&サプリメント乳酸菌ショコラです。

腸内環境を整える乳酸菌とビフィズス菌のエサになるオリゴ糖入り。

カカオ含有量70%のコクのあるビターチョコレートです。

ハイカカオと乳酸菌のWの効果が期待できます。

【乳酸菌ショコラ】の詳細記事はこちらから

明治【チョコレート効果 カカオ72%】

明治【チョコレート効果 カカオ72%】
カカオ分72%の本格ビターチョコレートです。
一口サイズで食べやすい26枚入り。

苦味と酸味のバランスが良い、上質なカカオ感が楽しめます。

美と健康を考えた高カカオポリフェノール。カカオ分86%です。

明治【ザ チョコレート】カカオ70%

明治【ザ チョコレート】カカオ70%
世界中から厳選し、商品ごとに異なるカカオを使用した「meiji THE Chocolate」

カカオの産地によって、チョコレートの味や香りの個性が楽しめます。

【ザ チョコレート】カカオ70%の商品は、味が4種類あるので毎日飽きずに食べることができます。

ナッティな香りのカカオ【ベネズエラ】

フルーティな香りのカカオ【ブラジル】

フローラルな香りのカカオ【ペルー】

スパイシーな香りのカカオ【ドミニカ共和国】

森永【カレ・ド・ショコラ カカオ70】

森永【カレ・ド・ショコラ カカオ70】
チョコレートの香り、口どけ、味わいが存分に楽しめる、細部までこだわり抜いたチョコレートの完成形です。

カレ(carre)は、フランス語で四角の意味。

雑味がなく食べやすいカカオ70%チョコレート。

ハイカカオ88%を楽しむ極みビター。

リンツ【エクセレンス 70%カカオ】

リンツ【エクセレンス 70%カカオ】
ハイカカオのダークチョコレート。
豊かなカカオ豆の風味と、わずかなナッツ感が楽しめるチョコレートです。

マイルドで酸味・苦みが少なく全体のバランスが良いので、ダークチョコレートが苦手な方でも食べやすい商品です。

ワンランク上の上品な味わいが楽しめます。

スポンサーリンク

まとめ|チョコレートダイエット

ハイカカオ チョコレート
  • ダイエット効果が期待できるチョコレートの種類は、カカオ70%以上のハイカカオチョコレートです。
  • チョコレートは、1日25g(5かけ程度)を目安に食べましょう。
  • ダイエットのためには、食前と間食時の数回に分けて食べるのが効果的です。

ぜひ、お試しください。

コメント