新着記事一覧はこちら >>

基礎代謝を上げる食べ物*体を温める陽性食品で冷え性改善・痩せやすい体質を手に入れよう!

体を温める食べ物の画像

体を冷やす原因は、冬場の寒さだけではなく、夏場の冷房による内臓の冷えなどもあり、1年中にわたり注意が必要です。

私たちの体は冷えにより体温が低下すると、基礎代謝が落ち、脂肪を蓄え、太りやすい体となってしまいます。

また、体温が低くなることによって免疫力が落ち、風邪やインフルエンザなどのウイルスにも感染しやすくなるとも言われています。

なるべくなら夏場でも、冷たい飲み物や食べ物は控えて、温かい物を摂取するのが、体のためには好ましいですが、

暑い日に飲む、氷たっぷりの冷え冷えのドリンクはやめられない……なんてこともありますよね。

そんな時には、体を温める食べ物を積極的に取り入れて、体温を下げない食生活を意識しましょう。

体温が上がれば基礎代謝も上がり、自然と痩せやすい体質へと改善されていきます。。

それでは、ダイエット効率アップ! 体を温めて基礎代謝を上げる食べ物をご紹介します。

スポンサーリンク

基礎代謝を上げてダイエット効率アップ! 体を温める食べ物(陽性食品)

しょうが紅茶

東洋医学の考えにおいて食品は、主に【体を温める陽性食品】と【体を冷やす陰性食品】に分けられ、どちらにも属さない食べ物を【中庸】と言います。(※ 所説あります)

そのため、基礎代謝を上げて痩せ体質を作るダイエットには、【体を温める陽性食品】を選ぶことが良いとされています。

陽性食品は、主に寒い地域で生産された物や冬が旬の物、または温かい料理になります。

寒い地域の農産物と言ってもピンとこない方は、色味は赤・黒・橙の物が多く、時間をかけて土の中に向かって育つ農産物を思い浮かべてみてくださいね。

それでは、実際にどんな種類の食べ物があるのか、見ていきましょう。

根菜類

れんこん

根菜類は、食物繊維が多く噛む回数が増えることから、満足感が得られるダイエットにおすすめな食べ物です。

  • ごぼう
  • にんじん
  • 大根
  • れんこん
  • 山芋 など

香味野菜

料理には、体を温める香味野菜を積極的に取り入れましょう。

香味野菜は、料理の風味が増すことから、塩などの調味料も自然と控えることができます。

  • ねぎ
  • にんにく
  • にら
  • しょうが
  • 唐辛子 など

体を温めることで有名なしょうがと並び、紅茶も陽性食品なため、ダイエットに良いとされる「しょうが紅茶」は、理にかなった飲み物と言えます。

北の果物

りんごの画像

陽性食品の果物は、主に寒い地域で作られたものになります。

ダイエット中のデザートは、りんごを温めて食べる「ホットりんご」がおすすめです。

  • りんご
  • さくらんぼ
  • いちじく
  • プルーン など

黒・茶など、濃い色の食べ物

食生活になくてはならないお米や砂糖などは、精製されていない玄米や黒砂糖をなるべく選ぶようにしましょう。

外食でメニュー選びに困った時には、うどんよりもそば、パンなら全粒粉を使ったものなど、食べ物の色味が濃いものを選ぶと良いでしょう。

  • 黒ごま
  • 玄米
  • そば
  • 納豆
  • 黒砂糖
  • 黒大豆
  • 黒ビール など

赤色の食べ物

メイン料理のお肉には、カロリーの低い赤身の物を選びましょう。

中でも、ラム肉には、脂肪燃焼を助ける「L-カルニチン」が含まれていることから、ダイエットには積極的に取り入れたい食べ物です。

また、お付き合いでお酒を飲む時は、赤ワインか黒ビールを選ぶのが良いでしょう。

  • 赤身の肉・魚
  • 紅茶
  • ほうじ茶
  • 赤ワイン など

その他の食べ物

  • みそ
  • チーズ など
スポンサーリンク

ダイエット中には控えたほうがよい、体を冷やす食べ物(陰性食品)

サラダの画像

陽性食品とは逆に体を冷やしてしまう食べ物が、陰性食品になります。

陰性食品は、主に暖かい地域で生産された物や夏が旬の物、または冷たい料理になります。

色味は、青・白・緑のものが多く、短い期間で上に向かって育つ野菜や果物が主になります。

中には、ダイエットに良いとされている食べ物もあるので、加熱が可能なものは、なるべく温めて食べるのが良いでしょう。

生野菜

ダイエット中には、積極的に摂りたい野菜ですが、生野菜のサラダを食べ過ぎてしまうと、体を冷やしてしまうことがあるようです。

食べ過ぎには注意して、温野菜にするなどの工夫をしましょう。

  • トマト
  • なす
  • きゅうり
  • レタス など

南の果物

フルーツの画像

フルーツがたっぷり入ったスムージーは、おいしく美容やダイエットにも良いとされていますが、体を冷やしてしまうことがあるので、飲み過ぎには注意しましょう。

  • バナナ
  • パイナップル
  • スイカ
  • グレープフルーツ
  • マンゴー など

白など、薄い色の食べ物

緑茶の画像

一般的には、ダイエットに良いとされている緑茶や白身魚・豆腐なども、摂取の仕方によっては体を冷やすことがあるようです。

加熱が可能な食材は、温かい料理として食べることを心掛けましょう。

  • 白米
  • パンなどの小麦類
  • 白い砂糖
  • 脂身の肉
  • 白身魚
  • 豆腐
  • 緑茶
  • 白ワイン
  • ビール など
スポンサーリンク

基礎代謝アップ! 体を内側から温める料理のレシピ

料理の画像

基礎代謝アップ! 陽性食品を使った体を内側から温める料理のレシピです。

参考リンクから、ご覧ください。

ごぼうと鮭の甘酢あん

揚げ焼きにした鮭とごぼうを甘酢あんでいただきます。

鶏むね肉の山椒チリソース煮

山椒と豆板醤のピリッとした辛みがアクセント! ボリュームたっぷりの1品です。

豆腐のたっぷりしょうが蒸し

たっぷりのしょうが、ザーサイ、干しえびなどと一緒に豆腐を蒸し上げます。

ツナ入りにら玉

にら玉に缶詰のツナをプラスした簡単料理です。

きんぴらごぼう

和食の定番のきんぴらごぼうは、作り置きに最適です。

スポンサーリンク

まとめ|基礎代謝を上げる食べ物

体を温める食べ物の画像

東洋医学の考えである【体を温める陽性食品】と【体を冷やす陰性食品】をご紹介しましたが、いかがでしたか。

真夏でも冷房や冷たい飲み物によって、体を冷やす事が多い現代ですが、体の冷えは代謝が落ちてしまい、痩せにくい体質となってしまいます。

また、体が冷えたままでは、免疫力も下がり、風邪やインフルエンザなどにも感染しやすくなるので、注意が必要です。

そのため、体を温める食べ物を積極的に取り入れて、基礎代謝アップ! やせ体質を手に入れる健康的な体作りを目指しましょう。

コメント