新着記事一覧はこちら >>

ヘルシア緑茶はいつ飲むの?効果的な飲み方のまとめ*ダイエットにおすすめのシリーズ7種類

ヘルシア緑茶

毎日緑茶を飲む方は多いと思いますが、緑茶に含まれている「カテキン」や「カフェイン」にはダイエット効果があるのをご存じですか?

中でも、茶カテキン540㎎が摂取できる【ヘルシア緑茶】は、内臓脂肪を減らすのを助ける効果が期待できることから、ダイエット中に積極的に取り入れたい飲み物です。

また、ヘルシア緑茶を含むヘルシアシリーズのおすすめポイントは、トクホ(特定保健用食品)の厳しい審査をクリアした商品なので、安心して飲むことができる点です。

その一方でヘルシア緑茶を飲む時に、こんな疑問点はありませんか?

  • いつ・どのくらいの量を飲むの?
  • どのくらいの期間で変化が出るの?
  • 運動なしでも効果はあるの?

など、せっかく飲むならより効果を実感できる飲み方をしたいですよね。

それでは、内臓脂肪を減らすのを助ける【ヘルシア緑茶】とヘルシアシリーズ7種類の詳細をご紹介します。

スポンサーリンク

ヘルシアとは

ヘルシア緑茶

初めてのトクホ茶

ヘルシア緑茶は、トクホ(特定保健用食品)の厳しい審査をクリアした体脂肪関連では、初めてのお茶になります。

トクホの審査を通るためには、科学的に効果を証明する多くのデータが必要なようです。

その審査を通ったヘルシアだからこそ、安心して飲むことができますね。

健康とおいしさを両立

体脂肪への効果が期待できる茶カテキン(540㎎)は、急須で入れたお茶なら5杯分に相当します。

実際に摂取しようと思うと、かなりの量になり難しいですよね。

その点、ヘルシアなら苦み・渋みを飲みやすくバランス良い味に作られているので、健康とおいしいが両方手に入ります。

こんな方におすすめです

  • 内臓脂肪が多めの方
  • 昔より脂肪が付きやすくなった
  • ついついゆったりした洋服を着てしまう
スポンサーリンク

ヘルシア緑茶のダイエット効果は?運動なしでも効果はあるの?

体重計

運動なしでも効果はあるの?

ダイエットのためにヘルシア緑茶を飲む際に、運動をしなくても飲むだけで効果が得られるのか気になりますよね。

花王のHPによると

運動をしなくても、ヘルシア緑茶の「内臓脂肪を減らすのを助ける」効果は期待できます。
ヘルシアの継続飲用により、体の「脂肪を代謝する力」を高めることで、食事の脂肪消費量や、生活行動での脂肪消費量が高まることが確認されています。

引用元:花王公式HPより

との記載がありますが、ヘルシア緑茶を摂取し運動することによって、運動時の脂肪代謝向上効果が得られると言われており、運動と併用することがダイエットの効率アップにつながります。

一般的な緑茶のダイエット効果

緑茶ダイエット

また一般的な緑茶のダイエット効果は以下になります。

  • カテキンによる脂肪吸収抑制効果
  • カフェインによる代謝アップ・脂肪燃焼効果
  • ノンカロリーで、摂取カロリー抑制・食べ過ぎ防止効果

緑茶のダイエット効果について、もっと詳しく知りたい場合は、こちらをご覧ください。

⇩ 詳細はこちらから ⇩

スポンサーリンク

ヘルシア緑茶の効果的な飲み方・タイミング【いつ・どのくらいの量・飲み続ける期間は?】

ヘルシア緑茶の効果的な飲み方をご紹介します。

いつ飲むの?飲むタイミングは?

ダイエット 時計

ヘルシア緑茶の飲み方は、食事中や運動の前後などと特定の決まりはなく、普通のお茶と同じように好きなタイミングで飲みましょう。

飲むタイミングによって、効果の違いはないようです。

また、一般的な緑茶は、運動の30分前に飲むと脂肪燃焼に効果があると言われているので、運動と併用して飲むとより効果が期待できそうですね。

運動前に飲むと効果がアップする飲み物について、詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。

⇩ 詳細はこちらから ⇩

量はどのくらい飲むの?

ヘルシア緑茶は、1日1本(350ml)を目安に毎日飲みましょう。

他のヘルシアシリーズは、1本500mlの商品もありますが、茶カテキン量540mgはどちらも同じ摂取量になります。

飲み続ける期間は?

花王のHPによると、以下の条件で検証を行ったところ、

被験者:BMI24〜30の健常男女(平均腹部内臓脂肪面積108.5㎤)240名/茶カテキン583㎎/日を、12週間継続摂取(コントロール群は96mg/日)/腹部CT画像から計測

引用元:花王公式HPより

飲み始め前と比べて内臓脂肪面積が9.5%低減したと報告されています。

その結果から、ヘルシア緑茶は最低でも12週間は飲み続ける事が良いようです。

※美容・痩身を目的としたものではなく、内臓脂肪が多めの方の健康の維持・増進のための食生活の改善が目的となります。

スポンサーリンク

ヘルシアシリーズ*ダイエットにおすすめの7種類

ヘルシアには、緑茶の他にコーヒーや紅茶などの数種類が販売されています。

その中から、ダイエットにおすすめのヘルシアシリーズ7種類を購入してみましたのでご紹介します。

ヘルシア緑茶

ヘルシア緑茶

内臓脂肪を減らすのを助ける【ヘルシア緑茶】
家庭でいれた濃いお茶に近い、緑茶葉の濃く深い味わいが楽しめます。

脂肪を代謝する力を高め、エネルギーとして脂肪を消費し、内臓脂肪を減らすのを助けます。

内臓脂肪が多めの方におすすめ。

  • 特定保健用食品(トクホ)
  • 日本人間ドック検診協会推薦

カロリー・栄養成分表示

ヘルシア緑茶 カロリー

カロリー:14kcal(1本350mlあたり)

いつものお茶をヘルシアに代えるだけ。1日1本の簡単ダイエット習慣で内臓脂肪を減らそう!

ヘルシア緑茶 うまみ贅沢仕立て

ヘルシア緑茶 うまみ贅沢仕立て

内臓脂肪を減らすのを助ける【ヘルシア緑茶 うまみ贅沢仕立て】
3種の茶葉が織りなすうまみと香りを活かした、淹れたての瑞々しさが楽しめる贅沢な味わい。

通常のヘルシア緑茶よりも、まろやかですっきりとした味わいなので、緑茶の苦み・渋みが苦手な方におすすめです。

まろやかですが、茶カテキンの量は500mlあたり540㎎入っており、ヘルシア緑茶と同様の効果が得られます。

カロリー・栄養成分表示

ヘルシア緑茶 うまみ贅沢仕立て カロリー

カロリー:15kcal(1本500mlあたり)

ヘルシア緑茶と同じ効果で、れたてのおいしさが味わえる、贅沢緑茶です。

ヘルシア ウォーター

ヘルシアウォーター

脂肪を代謝する力を高め、体脂肪を減らすのを助ける【ヘルシア ウォーター】
さらに飲みやすくなったヘルシアのスポーツドリンク。
クエン酸配合・水分補給に適したハイポトニック設計。

カロリー・栄養成分表示

ヘルシアウォーター カロリー

カロリー:53kcal(1本500mlあたり)

せっかく飲むなら、いつものスポーツドリンクを、体脂肪を減らすドリンクにチェンジ!

ヘルシア スパークリング

ヘルシアスパークリング

脂肪を代謝する力を高め、体脂肪を減らすのを助ける【ヘルシア スパークリング】
さらに飲みやすくなったヘルシアのスポーツドリンク。
クエン酸配合・水分補給に適したハイポトニック設計。

カロリー・栄養成分表示

ヘルシアスパークリング カロリー

カロリー:28kcal(1本500mlあたり)

甘い炭酸飲料が飲みたくなったら、ヘルシアスパークリングを選びましょう!

ヘルシアウォーターとヘルシアスパークリングについて詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。

⇩ 詳細はこちらから ⇩

ヘルシアコーヒー 無糖ブラック

ヘルシアコーヒー無糖ブラック

脂肪を消費しやすくする【ヘルシアコーヒー 無糖ブラック】
機能とおいいさを両立させた缶コーヒー。
豆本来の豊かな風味と澄んだ後味を楽しみながら体脂肪対策できます。

カロリー・栄養成分表示

ヘルシアコーヒー無糖ブラック カロリー

カロリー:9kcal(1本185mlあたり)

毎日飲むならやっぱりブラック! リラックス効果と体脂肪対策が同時に叶う缶コーヒーです。

ヘルシアコーヒー 微糖ミルク

ヘルシアコーヒー微糖ミルク

脂肪を消費しやすくする【ヘルシアコーヒー 微糖ミルク】
機能とおいいさを両立させた缶コーヒー。
ミルクと砂糖が入ったほんのり甘い微糖ミルクです。

カロリー・栄養成分表示

ヘルシアコーヒー微糖ミルク カロリー

カロリー:30kcal(1本185mlあたり)

甘いものが欲しくなったら、微糖コーヒーがおすすめ! 体脂肪対策できる缶コーヒーなら罪悪感なし♪

ヘルシアコーヒーについて、詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。

⇩ 詳細はこちらから ⇩

ヘルシア紅茶 ストレートティー

ヘルシア紅茶

脂肪を代謝する力を高め、体脂肪を減らすのを助ける【ヘルシア紅茶 ストレートティー】
香り立ち豊かな世界三大銘茶「ウバ茶」をブレンド。
紅茶本来の深みとコクのある、大人の味わい。

カロリー・栄養成分表示

ヘルシア紅茶 カロリー

カロリー:14kcal(1本350mlあたり)

ほんのり甘く上品な味わい。体脂肪対策を兼ねた優雅なティータイムが楽しめます

スポンサーリンク

まとめ|ヘルシア緑茶・ヘルシアシリーズ

ヘルシア緑茶
  • ヘルシア緑茶と他のヘルシアシリーズを飲むタイミングは、特定の決まりはなく、普通のお茶と同じように好きなタイミングで飲みましょう。
  • 飲む量は、1日1本を目安に飲みましょう。
  • 運動なしでも効果は期待できますが、より多くのエネルギー消費につながるので、運動と併用するのがおすすめです。

ぜひ、お試しください。

コメント