新着記事一覧はこちら >>

ブラックコーヒーダイエット*脂肪燃焼に効果的なのは食前?食後?

ブラックコーヒーダイエット

普段なにげなく飲んでいるコーヒーに、脂肪燃焼効果があるのをご存知ですか?

毎日おいしいコーヒーを飲んでダイエットができるのなら、取り入れない手はないですよね。

ダイエットでコーヒーを飲む場合は、砂糖やミルクを入れないブラックコーヒーが最も効果的です。

その他、コーヒーダイエットについて

  • コーヒーの種類は?
  • ブラックコーヒを飲めない場合は、どうするの?
  • コーヒーを飲むタイミングは、食前?食後?

などいくつかの疑問点を記事にまとめてみました。

それでは、ブラックコーヒーダイエットの詳しいやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

ブラックコーヒーがダイエットに効果的な理由

ダイエット 体重計

クロロゲン酸(ポリフェノール)が効く

ブラックコーヒーがダイエットに良いとされている理由はいくつかありますが、その中でもポリフェノールの一種の「クロロゲン酸」には、強い抗酸化作用や脂肪燃焼効果があると言われています。

コーヒーを飲むことによって、クロロゲン酸の働きにより、肝臓での脂質の代謝が活発になり、結果、脂肪をエネルギーに変える脂肪燃焼しやすい体が作られます。

カフェインが効く

ダイエットにはカフェインが良いと、一度は聞いた事があると思います。そのカフェインがコーヒーには多く含まれていますよね。

カフェインには、眠気を覚ます「交感神経」が優位に立つ働きがありますが、他にも体内の酵素を活性化させ、脂肪の代謝を高める働きもあります。

結果、コーヒーを飲むことによって、自律神経の働きが促進され、脂肪燃焼効果が高まることのようですね。

コーヒーは、脂肪をエネルギーに変える2つの成分の「カフェイン」と「クロロゲン酸」がWで効く、ダイエットにはうれしい飲み物です。
スポンサーリンク

ダイエットに効果的なコーヒーの種類

ブラックコーヒーダイエット

ブラックコーヒーが効果的

ダイエットに最も効果的なコーヒーの種類は、砂糖やミルクを入れない【ブラックコーヒー】です。

ミルクたっぷりのカフェオレや砂糖が入ったアレンジコーヒーなどは、ダイエット中は控えましょう。

コーヒーは、ホットか?アイスか?

ブラックコーヒーダイエットは、以下の点からアイスよりもホットで飲むのが効果的です。

  • ホットコーヒーの方が、脂肪燃焼効果があるクロロゲン酸とカフェインが効率良く吸収できます。
  • 温かい飲み物は体や内臓を温め、代謝アップにつながり、ダイエット効果が期待できます。

暑い日の冷えたアイスコーヒーは、とってもおいしいですが、ダイエットのためにはホットコーヒーがおすすめです。

ドリップコーヒーが効果的

ドリップコーヒー

ブラックコーヒーであれば、インスタントコーヒーでも脂肪燃焼効果は得られますが、ドリップコーヒーの方がクロロゲン酸とカフェインの量をより多く含んでいます。

その中で、最も効果が期待できるのは、ハンドドリップで入れる浅煎りのホットコーヒーです。

ダイエット効果があるクロロゲン酸は熱に弱いため、コーヒー豆は深煎りよりも浅煎りが良く、そして、コーヒーを淹れる温度が調整できるハンドドリップが、最も適しているようです。

また、お湯の温度は80℃前後が良いとされています。

飲めない場合は?

ブラックコーヒーが飲めない場合は、無脂肪牛乳やMCTオイルなどの体脂肪として蓄積されにくいオイルなどを入れるのがおすすめです。

コーヒーに適度なコクがでるので、苦手な方も飲みやすくなりますね。

※砂糖は入れずに飲みましょう。

スポンサーリンク

ブラックコーヒーダイエットの効果的なやり方

ブラックコーヒー

1日に3~4杯飲む

ダイエットとして、ブラックコーヒーを飲む場合は、1日3~4杯を目安に摂取しましょう。

コーヒーは、1度にたくさんの量を飲むのではなく、脂肪燃焼効果が持続するように数回にわけて、飲むのがおすすめです。

飲み過ぎには注意

ブラックコーヒーダイエット NG

コーヒーの多量摂取は胃を荒らしてしまう事や、カフェインによって寝つきが悪くなる場合があるので、飲みすぎには注意が必要です。

中には、イライラ感や頭痛なども引き起こしてしまう場合があるようです。

健康的なダイエットには1日3~4杯を目安として、5杯以上のコーヒーの多量摂取は控えましょう。

飲むタイミングは、食後が効果的

食事

ブラックコーヒーを飲むタイミングは、食後が効果的です。

食後のコーヒーは、カフェインが胃腸の動きを促進し消化が良くなり、代謝が上がることでダイエット効果もアップします。

食前のコーヒーでも、効果はあるようですが、空腹時にカフェインの摂取は胃を痛めやすくするので、気を付けましょう。

入浴前や運動前にも1杯

食後だけでなく、入浴や運動の30分~1時間前にコップ1杯のコーヒーを摂取すると、脂肪燃焼効果が期待できます。

この場合にも、コーヒーはホットか常温を心掛けましょう。

有酸素運動を取り入れると効果的

有酸素運動

有酸素運動とコーヒーの摂取を組み合わせると、より脂肪燃焼効果がアップします。

運動の30分~1時間前にブラックコーヒーを飲むと、脂肪が燃焼し始める頃にはクロロゲン酸とカフェインの効果もピークとなり、相乗効果で脂肪燃焼が期待できます。

ダイエット運動の前には、忘れず飲みましょう。

スポンサーリンク

まとめ|ブラックコーヒーダイエット

ブラックコーヒーダイエット

  • ブラックコーヒーには、脂肪燃焼効果が期待できるクロロゲン酸とカフェインの2つの成分が含まれいるので、ダイエットに効果的。
  • 1日3~4杯を目安に、わけて摂取するのが良い。
  • 飲むタイミングは、食後・入浴前・運動前が効果的。

おなかスッキリ!➡【ヘルシーコーヒー】の記事はこちらから

コメント