新着記事一覧はこちら >>

DIYで自然素材で安心の珪藻土を壁に塗ってみました

DIYイメージ画像
今年で築13年になる我が家。

新築の頃は、床も壁もピカピカできれいでしたが、最近ではあちこちと気になる所が出てきました。

新築時には真っ白だった壁がだいぶ黄ばんできてしまったので、DIYで珪藻土を塗ってみました。

では、塗り方をご紹介します。

スポンサーリンク

珪藻土とは

珪藻とは、藻類に分類される生物で、植物プランクトンの一種です。その珪藻が、海底や湖底、川底などに堆積して化石化したものを珪藻土といいます。

つまり、自然が生み出した鉱物なのです。無数の微細な孔(穴)を持ち、耐火性吸水性、吸着性、消臭性、保湿・調湿性など、たくさんの優れた性質を持っています。

珪藻土がおすすめな理由(メリット)

自然素材の珪藻土を壁材として使用するおすすめな理由(メリット)をまとめてみました。

アトピーやシックハウス対策

自然素材の珪藻土は有害な化学物質を含んでいないので、アレルギー症状に悪影響を及ぼすことがありません。

結露対策

珪藻土は、吸水性と吸湿性に優れていますので、室内の余分な水分を吸収、湿度を調節して結露やそれに伴うカビの発生を防ぎます。

子どもがいる家庭

家の中で過ごすことが多い子どもにとって化学物質は、なるべく遠ざけたいものです。その点、自然素材の珪藻土は小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えます。

その他、脱臭・消臭作用色の種類が多い火に強いなどがあります。

珪藻土のデメリット

珪藻土を壁材として使うことは、メリットも多いですが、その反面デメリットもあります。

珪藻土のデメリットは以下になります。

  • 壁にぶつかったりすると、ぽろぽろと粉が落ちる。
  • 汚した時などに、拭きとれずに染み込む。
  • 調合の割合によっては効果が得られない。
  • 壁紙より費用が高くなることが多い。
スポンサーリンク

【かんたんあんしん珪藻土】がおすすめ

珪藻土は、メリットもたくさんありますがデメリットもあります。

粉を調合して練りあげ、コテで塗っていくのは難しい作業になりそうですね。

せっかく塗った壁がぽろぽろと落ちてくるのもショックです。

そんな心配がいらないのがフジワラ化学 かんたんあんしん珪藻土です。

かんたんあんしん珪藻土パッケージ
こちらの商品は、コテで塗っていくのではなく、さらさらのペンキのような液なのでローラーや刷毛で塗ることができます。

我が家は、もともと壁材は珪藻土ですが
プロに仕上げてもらった左官仕上げの凹凸は消すことなく上から塗ることができます。

そのため、新たにコテで模様を付けたい場合は、こちらの商品は向きませんのでご注意を。

スポンサーリンク

DIYで珪藻土を塗る方法

今回準備した道具はこんな感じです。

すべてホームセンターや通販などで買うことができます。

使った道具
それでは、DIYで珪藻土を塗っていきましょう。

マスキングテープなどで養生する

塗りたくないところ、汚したくないところをしっかりマスキングテープで養生していきます。

この作業は地味ですが、あとあとの仕上がりを大きく左右します。

下地処理をする

塗り方1
塗る壁材によって下地処理の必要は、ない場合もあります。

我が家もはじめは、手間がかかるので塗っていませんでしたが、下地なしの場合は剥がれてしまうことがありました。

そのため、下地を使ってみたところ、ローラーの滑りもよく均等に塗れ、剥がれることもなくなりました。

結果、珪藻塗料の量も節約できるので、珪藻土の上に塗る場合は必須です。

使った下地はこちらアクドメールです。

アクドメールパッケージ

珪藻土を塗る

かんたんあんしん珪藻土パッケージ

ローラーと刷毛を使って珪藻土を塗っていきます。

今回は、狭い範囲なので刷毛のみを使用しました。

1度塗りでは、薄く下地が透けてしまうので、2度塗りをします。

養生をはがす

珪藻土が完全に乾く前にマスキングテープをはがします。

完全に乾いてしまうと、はがす時にぽろぽろと珪藻土まではがれてしまいます。

珪藻土にふれないように気を付けてはがしましょう。

乾かす

完全に乾くまでは、ふれないように注意しましょう。

乾燥時間は、1回目:2時間、2回目:12時間(20℃) なので、通常の練って使うタイプよりは早く乾くようです。

仕上がり

仕上がり
元の壁との境目はこんな感じです。白くリフレッシュされました。

13年の歳月でかなり色が黄ばんでしまったのがわかりますね。

徐々に他の部分も塗っていきたいと思います。

面積が多いと時間が掛かりますが、やりがいがある作業です。

※壁の種類によっては、変色したりと使えない場合がありますので、心配な場合はプロにご相談ください。

スポンサーリンク

珪藻土のまとめ

DIYイメージ画像

いかがでしたか?珪藻土の魅力、感じていただけましたか?

今回使った【かんたんあんしん珪藻土】は、難しい知識や技術などは必要なく主婦でも簡単に塗る事ができました。

DIYならコストを抑える事ができるので、節約できますね。

毎日過ごす家だからこそ自然素材を取り入れて素敵な暮らしをしてみませんか?

雑貨・日用品
スポンサーリンク
暮らしのログノート

コメント