新着記事一覧はこちら >>

シャボン玉酸素系漂白剤を使って洗濯槽のナチュラルクリーニング

洗濯槽

洗濯槽や洗濯物が何かにおう。

洗濯槽の黒いポツポツ汚れが気になる。

そんな時は、洗濯槽のクリーニングの時期かもしれません。

洗濯槽にごっそりたまったカビや汚れを、すっきりと落としてみませんか?

我が家では、なるべく小まめにするようにしていますが、それでもびっくりするほど、カビや汚れが浮き出てきます。

それでは、ご紹介します。

スポンサーリンク

シャボン玉酸素系漂白剤の商品紹介

以前は、普通の洗濯槽クリーナーを使っていましたが、最近では洗濯の際に使うシャボン玉せっけんの酸素系漂白剤で洗濯槽のナチュラルクリーニングを行うようになりました。

この洗剤、とにかく汚れがごっそり取れます。

シャボン玉【酸素系漂白剤】

シャボン玉酸素系漂白剤
愛用のシャボン玉酸素系漂白剤です。

「ところで酸素系と塩素系って何が違うの?」って思う方もいると思いますので違いをまとめてみました。

酸素系漂白剤とは

洗剤の説明文
酸素系漂白剤とは、成分の過炭酸ナトリウムを溶かす事で酸素が発生し、酸素の力で漂白・消臭・除菌を行います。

塩素系漂白剤と異なる点は、
染料を抜くことは無いので色柄物にも使えます。(※使えない素材の物もあります)

塩素のツーンとした嫌なニオイがしません。


塩素ガス発生の危険が無いので作業も安心です。

塩素系漂白剤とは

塩素系漂白剤

塩素系漂白剤とは、主成分が次亜塩素酸塩でパワフルな漂白力で根こそぎ汚れを落とすのが特徴。

さらに、強力な殺菌作用をもち合せています。

強い漂白力で染料まで抜き取ってしまう為、色柄物には使えず素材自体を傷めることもあります。

しかし、どんなガンコなシミ汚れでも落とし、しっかり除菌してくれます。

主に水回りのカビなどに使用します。

酸素系漂白剤の活用法

洗剤説明文
酸素系漂白剤は、幅広い活用法があります。

  • 洗濯
    洗濯物の洗浄力アップ、衣類の染み抜き
    粉末の為、寒い時期は溶けずらいので30℃~50℃の温水で使用します。
  • キッチンまわり
    食器や調理器具などの食器の漂白・除菌・除臭
    排水溝の除菌、消臭
  • バスまわり
    バス用品の漂白、除菌

洗剤説明文
※使用できない素材もありますの、でご注意ください。

シャボン玉【洗たく槽クリーナー】との違い

シャボン玉酸素系漂白剤と洗たく槽クリーナーでは、成分と容量が異なります。

シャボン玉酸素系漂白剤
成分:過炭酸ナトリウム(酸素系)
容量:750g

シャボン玉洗たく槽クリーナー
成分:過炭酸ナトリウム(酸素系)、界面活性剤(純石けん分[脂肪酸ナトリウム])、アルカリ剤(重曹)
容量:500g

洗そう槽クリーナーの方が洗浄成分が入っているようなのでしっかりと洗浄したい場合は、洗たく槽クリーナー 。

多用途に使えてお得な方が良い場合は、酸素系漂白剤。

といった感じになるようですね。

スポンサーリンク

洗濯槽のクリーニング方法

では、実際にシャボン玉酸素系漂白剤を使って洗濯槽をクリーニングしてみましょう。

洗濯機の水を満水にする。

電源を入れてから高水位まで給水します。

※ぬるま湯(30~40℃)を使用すると効果的です。

※入浴剤を使用した風呂の残り湯は使用できません。

シャボン玉酸素系漂白剤を投入します。

10ℓの水(お湯)に対して100gを目安にします。

※シャボン玉洗たく槽クリーナーは、1袋500gを全量使います。

くれぐれも他の洗剤と混ぜないでくださいね。

シュワシュワっと汚れが浮き出てきます。

洗濯槽掃除1

3~4分回した後、3~4時間放置する。

3~4分間運転して溶かした後、3~4時間放置します。

浮いてきた汚れは、ゴミ取りネット等で取り除きます。

我が家では、1か月に1回くらいの頻度で掃除していますが、結構汚れが出てきました。

始めて使用した時は、ワカメ状の大きな汚れが出てきてゾッとしました。

洗濯槽掃除2

標準コースで洗濯機を回す。

そのままの状態から高水位で標準コースを1サイクル運転します。

洗浄後、洗濯槽の中に汚れが残っている場合は、さらに1~2サイクル標準コースですすいでください。

※ドラム式には使用できません。

スポンサーリンク

まとめ

掃除イメージ
いかがでしたか?

売り場では、たくさんの洗剤が販売されているので、迷ってしまいますよね。

我が家では、普段の洗濯時からシャボン玉酸素系漂白剤を使いなるべく汚れをため込まないようにしています。

自然に優しい洗剤【しゃぼん玉酸素系漂白剤】を使ってのクリーニングで、気持ちもリフレッシュしてみませんか?

雑貨・日用品
スポンサーリンク
暮らしのログノート

コメント