新着記事一覧はこちら >>

基礎代謝を上げるお風呂の入り方*ダイエットに効果的な入浴方法やおすすめバスグッズ

お風呂

寒い日のお風呂は、湯船につかってゆっくりと温まりたいけれど、暑い日には、ついついシャワーだけで済ましてしまう。なんてこと、ありませんか?

また、疲れている時に浴槽を洗ったり、お湯をためたりの準備が面倒になってしまうこともありますよね。

入浴は、体を清潔に保つだけでなく、湯船につかることによって、体を温め血流を良くして、基礎代謝アップできるうってつけのダイエット時間です。

毎日入るお風呂だからこそ、ダイエットに効果的な入り方で、時間を有効に活用しましょう。

それでは、代謝を上げるお風呂の入り方*ダイエットに効果的な入浴方法やおすすめバスグッズなどをご紹介します。

※入浴は、体調を考慮して自己責任で行ってください。また、当記事は個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

スポンサーリンク

お風呂【入浴】のダイエット効果

効果

お風呂【入浴】で期待できる健康やダイエット効果をご紹介します。

血流促進効果・冷え性改善効果

お風呂に入り温まることで、毛細血管が広がり全身の血流が良くなります。

体を外側から温めるだけでなく、血流が良くなることから、慢性的な冷え性の改善効果が期待できます。

基礎代謝アップ効果

体重計

体が冷えて血流が滞ると血管が縮み、摂取した栄養や酸素が全身に行き渡らない代謝の落ちた状態になります。

冷えた体を温めようと、体は摂取した食べ物を脂肪として蓄えようとします。その結果、太りやすい体質になってしまう、なんてことは避けたいですよね。

体内で発生した熱を全身に伝え、体温の維持や調節をしているのが血液です。

入浴で血流が良くなることで、スムーズに体温が上がり、その結果、基礎代謝アップにつながります。

体温が1度上昇すると、代謝量は13%上昇するといわれています。

引用元:江崎グリコ公式HP

基礎代謝が上がることで、エネルギーの消費量が多くなり痩せやすい体質へと改善され、効率的なダイエットに励めます。

デトックス効果

デトックスのイメージ

お風呂でたくさん汗をかくことで、毛穴が広がり余分な皮脂や老廃物などの毒素が体外へ排出されるデトックス効果が期待できます。

また、血流が良くなることで、より老廃物などの排出がスムーズになり、代謝の良い体質へと改善されていきます。

むくみ改善効果

湯船に肩までつかることによって、全身に水圧がかかります。

水圧は、ポンプの役割をするふくらはぎに血液が停滞するのを防ぎ、効率よく血液を心臓に戻してくれます。

滞りなくスムーズに血液が流れることによって、むくみ改善効果が期待できます。

リラックス・安眠効果

お風呂

ストレスや睡眠不足は、ダイエットの大敵ですよね。

入浴は、体を温めることやお湯の浮力により筋肉の緊張がゆるむみ、全身がリラックスして副交感神経が優位になります。

副交感神経が優位になることから、自然と睡眠への準備が整い、安眠効果が期待できます。

また、冷えやストレスなどの自律神経の乱れは、太りやすくなる原因の1つと言われているので、温まりリラックスできる入浴は、健康な体づくりや体形の維持にも効果的です。

スポンサーリンク

基礎代謝を上げるダイエットに効果的な入浴方法

ポイント

では、基礎代謝を上げるお風呂の入り方、ダイエットに効果的な入浴方法をご紹介します。

半身浴と全身浴、どっちがいいの?

リラックス目的の場合は、じっくりと時間をかけて体を温める半身浴がおすすめですが、ダイエット目的の場合は、短時間の入浴でも効率的に体が温まる全身浴がおすすめです。

全身浴をする際には、体の広い面積が温まるように肩までしっかりと浸かりましょう。

また、毎日の全身浴に負担を感じる場合は、1日ごとに半身浴と交互に行うなど、工夫をしてみましょう。

お湯の温度

お風呂

ダイエットを目的とした全身浴では、お湯の温度は40℃程度が良いとされています。

また、浴槽には、いきなり入るのではなく、お湯の温度になれるために「かけ湯」を必ず行いましょう。

お湯に浸かる時間

1回の入浴でお湯に浸かる時間は、全身が浸かる全身浴を10分〜15分ほどするのがおすすめです。

浸かる時間が長いと感じる場合は、湯船 ➡ 洗い場 ➡ 湯舟 の順で、時間を分けて入りましょう。

半身浴の場合は、38度程度のお湯で20分ほど浸かるのが良いでしょう。

高温反復入浴法・3分×3回入浴法

よりダイエット効果を得たい場合は、「高温反復入浴法」を取り入れるのがおすすめです。

  1. 42℃の温度のお湯を湯船にためます。
  2. かけ湯をします。
  3. 全身浴を3分間(1回目)を行います。
  4. 洗い場で5分休憩。(頭や体を洗う)
  5. 全身浴を3分間(2回目)を行います。
  6. 洗い場で5分休憩。(頭や体を洗う)
  7. 全身浴を3分間(3回目)を行います。

高温反復入浴法は、体への負担も大きいので、体調を考慮して無理のない範囲で行いましょう。

マッサージ・エクササイズ

エクササイズ

体が温まり血流が良くなっている入浴時は、マッサージやエクササイズにぴったりの時間です。

スペース的にエクササイズが無理な場合は、湯船の中で簡単に行える「丹田呼吸」がおすすめです。

簡単な丹田呼吸のやり方

  1. 肩の力を抜き、背筋を伸ばして、おへその5㎝ほど下の丹田に手を当て意識します。
  2. 鼻からゆっくり4秒間息を吸い込み、おなかをふくらませます。
  3. 口からゆっくり8秒間息を吐き出し、腹圧をかけながらお腹をへこまします。
    吸った時間の倍くらいの時間をかけて、息を吐くのがポイントです。

その他、時計回りにお腹をマッサージする「腸もみマッサージ」や、足の指の間に手の指を挟み足首を回す「足首回し」などにチャレンジしてみましょう。

水分補給

水分補給

入浴時には、たくさんの汗をかくため、入浴前後には必ず水分補給をしましょう。飲み物の温度は、内臓を冷やさないように常温から人肌程度を心掛けましょう。

入浴前に、十分な水分を摂ることによって、汗が出やすくなりデトックス効果も高まります。

注意点

NG
  • 食後すぐの入浴は避け、最低でも1時間は空けましょう。
  • 長湯や、42℃以上の熱いお湯での入浴は控えましょう。
  • 妊娠中の方や持病をお持ちの方、体調に不安を感じる場合は、控えましょう。
スポンサーリンク

ダイエット効果アップ! おすすめバスグッズ

お風呂のお供に最適! ダイエット効果がアップするバスグッズをご紹介します。

どっさり汗が出る入浴剤【ゲルマバス】

ゲルマバス
自宅でゲルマニウム温浴ができる入浴剤です。
有機ゲルマニウムに2種類の天然塩とトウガラシエキスが入っています。

どっさり出して体スッキリ! たっぷり使えるバケツサイズです♪

ゲルマニウム温浴20分は
有酸素運動の約2時間分と言われています!

繰り返し使える天然入浴剤【あったか温浴バスタイム】

あったか温浴バスタイム*遠赤外線温浴器
繰り返し使える天然入浴剤。
岩盤浴やゲルマニウム温浴のようにお家で毎日遠赤外線温浴ができます。

安心・安全の日本製。体の芯から温まる遠赤外線温浴器です。ずっと使えるので経済的

手軽に全身マッサージできる【キュートボディ】

キュートボディ
まるでプロ指圧の使用感! 柔らかく曲がり体にフィットするボディーローラーです。

色々な箇所に使え、脂肪を刺激するキュートボディは、TVや雑誌などでも多数紹介されています♪

本格派におすすめ!【ヤーマン*キャビスパ】

ヤーマン*キャビスパ
お風呂で使える家庭用キャビテーションマシン。
エステで人気の3つの施術「ラジオ波・キャビテーション・EMS」を同時に行います。

1パーツたったの10分! メリハリボディーが手に入る全身用のキャビテーションマシンです♪

スポンサーリンク

まとめ|基礎代謝を上げるダイエットに効果的な入浴方法

お風呂

基礎代謝を上げるダイエットに効果的な入浴方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

いつもの入浴方法を見直し、少しのコツを覚えれば、効率的なダイエットが目指せそうですね♪

毎日入るお風呂だからこそ、リラックスを兼ねた有効なダイエット時間として活用しましょう。

ぜひ、お試しください。

ダイエット記事一覧です。
実際に試して効果があったダイエット方法や、ダイエット食品の商品レビューなどをご紹介します。

⇩詳細はこちらから⇩

コメント