新着記事一覧はこちら >>

ネスカフェ*ドルチェグスト【スターバックス】おうちスタバでカフェ気分を楽しもう!

ドルチェグストスターバックス

カフェで飲む本格コーヒーっておいしいですよね。

毎日おいしいコーヒーを飲みたいけど、カフェに行く時間もないしコストもかかるので自宅でおいしいコーヒーが飲みたい!

そんな願いをかなえるのがネスカフェ【ドルチェグスト】です。

ドルチェグストは、カプセル式のコーヒーマシン。ボタンひとつで手軽に本格コーヒーが自宅に居ながら楽しめます。

コーヒーの粉が密封された専用カプセルを使うため、粉を量ったりお湯を沸かす手間がなく大変便利です。

何よりごみがカプセルのみなので、後片付けも楽ちん♪ わが家では手放せない家電のひとつになっています。

それでは、おうちスタバでカフェ気分が楽しめるネスカフェ*ドルチェグスト【スターバックス】をご紹介します。

※価格などは、記事作成時の情報となります。

スポンサーリンク

ネスカフェ*ドルチェグスト【スターバックス】

ドルチェグストスターバックスセット

ハウスブレンド

ハウスブレンド
いきいきとして調和のとれた味わい。
スターバックスが初めて作ったブレンドで、スターバックスの原点と言える製品です。

価格

価格:980円(税込)

内容量

内容量:12個入り12杯分
マグサイズ

 

ライトノートブレンド

ライトノートブレンド
軽い焙煎で、まろやかで風味豊かな優しい味わい。

価格

価格:980円(税込)

内容量

内容量:12個入り12杯分
マグサイズ

 

コロンビア

コロンビア
すっきりとしたバランスがとれたナッツを感じさせる味わい。
価格:980円(税込)

価格

価格:980円(税込)

内容量

内容量:12個入り12杯分
エスプレッソサイズ

 

ラテマキアート

ラテマキアート
まろやかでクリーミーな味わい

価格

価格:980円(税込)

内容量

内容量:12個入り6杯分

 

カプチーノ

カプチーノ
濃厚でクリーミーな味わい。

価格

価格:980円(税込)

内容量

内容量:12個入り6杯分

 
スポンサーリンク

ドルチェグスト*スターバックスを飲んでみた感想【口コミ】

ドルチェグストスターバックス

今回は、ハウスブレンドカプチーノの2種類を買ってみました。

ハウスブレンドの感想です

量は、たっぷりマグカップサイズで230ml。

ハウスブレンドパッケージ

目盛りを7に合わせて抽出します。

あっという間に、スタバのコーヒーの出来上がりです。

ハウスブレンド完成

しっかりとした味わいのアメリカン。きれいな褐色のクレマもきちんと出来ています。

そのままブラックで飲んでもおいしいですが、少しミルクを入れても、コーヒーの風味がしっかりと残ります。

苦みやコクのバランスが良く、しっかりめな味のため、まろやかな味がお好みの方は、ライトノートブレンドをお試しください。

カプチーノの感想です

量は、マグカップサイズで220mlです。

カロリー:67kcal

カプチーノパッケージ

こちらのカプチーノは、コーヒーカプセルとミルクカプセルの2種類のカプセルが入っているので、それぞれ1個ずつ抽出します。

使い方は、先にミルクカプセルを目盛りを5に合わせて抽出します。

次に、コーヒーカプセルを目盛り2に合わせて抽出します。

抽出の順番が逆になると、ミルクとコーヒーがきれいな2層にならないので、注意してください。

カプチーノ完成

ふわふわのミルクがほんのり甘くクリーミーで、濃厚なエスプレッソの苦みとのバランスが良く調和のとれた味わいです。

使用したコーヒーカップは、無印良品の耐熱ガラスマグカップ。

耐熱ガラスなので、オールシーズン対応! ホットもアイスも使えてとっても便利なので、わが家では何回もリピート購入しています。

マグカップ

⇩ 詳細はこちらから ⇩

スポンサーリンク

ドルチェグスト アレンジレシピ【ホット・アイス】

ドルチェグストのアレンジレシピのリンクをご紹介します。

スタバ風やアイスレシピなど様々なアレンジが楽しめます。

ラテ マキアート フローズンアイス

アイスモカ

キャラメルラテマキアート

ハニー・カフェ・コン・レーチェ

トロピカルアイスコーヒー

オレンジカプチーノ

スポンサーリンク

まとめ|ドルチェグスト*スターバックス

ネスカフェのドルチェグスト【スターバックス】は、ボタン1つでおうちスタバ気分が楽しめます。

お財布にもやさしい専用カプセルは、スタバ好きさんにおすすめです♪

ぜひ、お試しください。

みんな飲めちゃう欲張り5種セット

 

ドルチェグスト本体はこちらから

 

ドルチェグストが無くても作れる、インスタントでもOKのアイスコーヒーのアレンジレシピです。

⇩ 詳細はこちらから ⇩

毎日違うアレンジが楽しめるホットコーヒーのアレンジレシピです。

⇩ 詳細はこちらから ⇩

コメント