新着記事一覧はこちら >>

保護猫の里親になるための条件と正式譲渡までの流れをまとめてみました


現在、わが家で買っている猫は元保護猫です。

保護猫の里親になったのは、ペットのおうちというサイトを見たのがきっかけでした。

「猫を飼うなら保護猫を」と考えるかたもいると思いますが、猫の里親になるには、さまざまな条件があります。

保護猫の里親になるための条件と、申し込みから正式な譲渡までの流れを、まとめてみました。

※保護団体によって異なります。

スポンサーリンク

保護猫の里親になるための条件

保護猫の里親になるための条件を、まとめてみました。

保護猫の里親の不可条件

  • 小さい子供がいる家庭
  • 同棲中の方からの申し込み
  • 学生、未成年からの申し込み
  • 長時間、留守にすることが多い
  • ペット不可の賃貸住宅
  • 先住の成犬・成猫がいる場合、避妊・去勢が未実施の場合
  • 飼育歴なし
  • 単身男性
  • 60歳以上

以上の条件が当てはまる場合の譲渡は難しいようです。

少しきびしいような気もしますが、里親詐欺や虐待などを防ぐための条件なのでしょう。

これらの条件はあくまで一部の保護団体の条件であり、すべての保護団体がこの条件というわけではありません。

動物の種類・月齢・健康状態・性格によっては可能な項目もあるようなので、保護団体などにクリアできない条件の解決策などを伝えてみましょう。

スポンサーリンク

保護猫の正式譲渡の流れ

保護猫の正式譲渡までの流れになります。

同意誓約書をチェックする

チェック

家族全員で同意誓約書を読み、話合いをします。

同意誓約書の内容は、以下になります。

  • 子猫の場合は去勢、避妊手術を実施する。
  • 譲渡までにかかった医療費等の負担。
  • ペット可住居に居住、家族全員の合意、近隣に迷惑を掛けないなどの適正な環境での飼育。
  • 予防接種などの健康管理を実施する。
  • 終生室内飼育をする。
  • 脱走防止対策を行う。
  • 譲渡後、時々は近況を報告する。
  • 譲渡後、動物が疾病に罹患した場合でも治療費などを要求しない。

などでした。

動物を飼う上では、当たり前のことですが、家族でしっかりと話し合いをしてから申し込みをしましょう。

応募フォームから申し込む

応募フォームから必要事項を入力し、申し込みをします。

住所、名前、電話番号、家族構成、家族の同意の有無などでした。

返信メールが届く


担当者より里親同意書への同意の確認、動機、飼育の経験などの質問のメールが届きます。

持ち家か賃貸かなど飼育の環境についての質問もありました。

質問への回答メールを返信します。

この際に質問などがある場合は、問い合わせをしましょう。

電話での最終確認

同居人の同意やお見合いへ向けて最終的な確認などを電話にて打ち合わせをします。

お見合い

保護猫との対面。説明を受け里親、保護主、双方の合意によりトライアル開始。

身分証明書の提示をして、同意書・誓約書などに署名・捺印をします。

避妊、去勢手術などの費用がかかる場合があります。

正式決定

一週間~のトライアル終了後、問題がなければ正式な譲渡になります。

多数の応募や条件が合わない場合などは、お見合いには至らない場合もあるそうです。

スポンサーリンク

最後に


こうしたやり取りを何回も経て、晴れて里親になることができます。

きびしい条件の里親制度ですが、飼育放棄などを未然に防ぐためなのかも知れないですね。

私がお世話になった保護団体には、譲渡後も相談やアドバイスなどのサポートを親身にしていただきました。

里親になって本当に良かったと思います。

コメント