新着記事一覧はこちら >>

保護猫の里親になるため実際かかった譲渡費用


保護猫の譲渡、里親になる場合は費用を支払う場合が多いようです。
(保護団体によって異なります。)

金額はさまざまで費用の掛からない場合もありますが、去勢・避妊手術代から病気の治療費など数万円掛かる場合もあります。

今回は、保護猫の里親になるため実際かかった譲渡費用についてまとめてみました。

スポンサーリンク

なぜ費用が掛かるのか?

猫

保護猫の譲渡、里親になる場合はなぜ費用がかかるのかという点ですが、猫を保護した場合、病気の検査料金治療代などを保護団体が支払うため、保護猫にかかった医療費と団体の活動支援として費用を支払うことが多いようです。

保護活動自体はボランティアでも経費としてたくさんのお金がかかりますよね。

そのため、活動支援費としていくらかお支払いをするのはうなずけます。

金額の決まりはありませんが、活動支援費として寄付を募っている団体などもあるようです。

また、費用の負担をすることで、里親希望者に命ある動物の飼い主になるという自覚を持ってもらいたいという理由もあるようです。

スポンサーリンク

保護猫の譲渡費用の内訳

保護猫の譲渡費用の内訳は、

  • 去勢・避妊手術
  • エイズ・白血病などの検査
  • 寄生虫の駆除
  • ワクチン接種
  • 今までにかかったエサやトイレ砂

などの費用のようです。

里親さんに譲渡するまでにさまざまな費用がかかっていますね。

そのため、費用を負担する事によって、猫の健康状態を把握できます

去勢・避妊手術を実施してからの譲渡は、不幸な猫達を増やさないための対策なのでしょう。

スポンサーリンク

実際にかかった費用と相場

保護猫の譲渡費用の相場は2~4万円程度のようです。

実際にかかった金額をまとめてみました。

うちの猫の場合

  • 医療費など    25,000円
  • 避妊手術代金   10,800円
        合計   35,800円

以前に飼っていた猫の場合は2万円程度だったと記憶しています。

譲渡の際に検査の結果や治療の内容などを丁寧に説明していただきました。

また、かかりつけの動物病院の情報やワクチン接種の重要性などの説明を受けました。

きちんとした治療を受けたおかげで、毎日元気に過ごしています。

スポンサーリンク

最後に

保護猫の譲渡に費用がかかるのは、抵抗がある方もいると思います。

しかし、猫の健康状態や保護活動に対しての支援などを考えると、無料で譲渡というのは難しいことなのでしょう。

終生飼育をするためには、毎日のえさ代や医療費などの費用がかかります。

そのため、ペットを飼う前に一度お金のことも考えてみるのも重要ですね。

コメント